加齢臭と口臭が同時に発生する理由とは?タバコが歯周病の発症率を高める?

2016年02月19日更新

加齢臭

ニオイペディア編集部

  • fb
  • line

最近加齢臭に加え、口臭もきつくなってきたと気になっていませんか?
今、加齢臭&口臭のダブルトラブルを抱えている方が急増していますが、加齢臭が口臭の原因になることはありません。
加齢臭に対しては皮脂の酸化を防ぐ対策が欠かせませんが、口臭の原因は一人一人違うので原因を探ることが先決です。
もし歯周病が原因なら、歯医者さんで治療を受け、胃からくる口臭なら消化器官を休める対策が必要です。

加齢臭と口臭は関係ある?ない?

身体も臭うし息も臭い、そんな臭いのダブルトラブル状態に陥っているなら、なぜ臭うのか理由を突き止め原因を取り除くしかありません。

加齢臭だけではなく、口臭もきつくなってきたと病院に相談しにくる中高年の患者さんが増えているそうです。口臭を気にしていると、人と話している時に緊張が走り、口の中が乾いて余計臭いがきつくなってしまいます。

確かに口の中の臭いが気になるなら口臭外来を受診するのが一番理想ですが、大半の方は病院に予約を入れるほどでもないと考えているのではないでしょうか。あるいは、専門家に診てもらいたいけれど、忙しくてその時間を捻出することができずにいる方もいらっしゃるかもしれません。

けれどご安心下さい。ほとんどのケースは、専門外来で診てもらわなくても解決することができる原因である場合が多いです。

ちなみに、ちょっとしたブームにもなっている「口臭加齢臭」という新しい単語ですが、加齢臭が息の中に混ざることはありません。加齢臭の原因は皮脂の酸化です。加齢臭が口臭の原因になることもありません

ただ、加齢臭が気になる年齢になると、口臭がきつくなる原因も多発しやすいので完全に無関係とは言えません。

結果的に、同じタイミングで体臭も口臭も臭うようになるパターンが多いようです。

関連記事加齢臭の原因はこんなにあった!活性酸素を増やしてしまうノネナールとは?
関連記事病気のサインかも?胃からくる口臭の原因と対策

歯磨きが完璧なら胃や腸を疑おう

もし歯磨きが完璧でも臭いが気になるなら、胃や腸に問題を抱えている可能性があります。

胃と口の間にある下部括約筋が胃液や食べ物の逆流を防いでくれている為、胃の臭いが口までせり上がってくることはありません。

けれど胃に強い負担がかかっている時、口臭がきつくなることは間違いありません。これは発酵した食べ物の異臭が血液に中に溶け出し、ぐるりと体内を一周りした後肺に到着し、息の臭いに混ざるせいです。

また、胃が悪くなると常に消化不良状態になります。その結果、食べ物のカスや細菌が舌苔として舌に付着しやすくなり、口内の嫌な臭いを生み出す元になります。

その他、腸内環境も口臭の原因になります。便秘や善玉菌不足によって腸内で有毒ガスが発生すると、血液に溶け込んで肺の中まで流れ込みます。

肺の異臭が息に混じると、いくら歯を磨いていても不快な臭いを消すことはできません。暴飲暴食を控えて胃を休め、乳酸菌サプリなどで腸内環境を整える対策を続ければ、次第に息の臭いも気にならなくなる筈です。

関連記事胃が原因の口臭は悪臭!?改善するために必要な行動とは
関連記事便秘が口臭の原因に!?便秘による口臭の理由と対策方法

歯医者さんの治療が必要な口臭も

虫歯や歯周病が原因で口臭がきつくなっているなら、歯医者さんで治療するしかありません。

虫歯も歯周病も菌のせいで発症しますが、放置すると信じられないほど口臭がひどくなる歯槽膿漏を引き起こします。

歯槽膿漏の患者さんの息の臭さは、虫歯や歯周病患者さんとは比べものになりません。何しろ歯茎の膿が臭っている状況なので、思わず顔を背けたくなるほどの強烈な異臭が漂います。健康な歯を温存する為にも、できるだけ早く歯医者さんに診て貰いましょう。

ちなみに、タバコは加齢臭と口臭をきつくするので禁煙こそ最高の口臭対策になります。タバコの有害物質が口の中の粘膜から吸収されることで、歯周病の発症率も高くなってしまうので要注意です。

関連記事口臭対策に歯医者に行く時に気になる費用や注意点をチェック!
関連記事口臭外来に必要な来院回数と費用/値段とは?
関連記事その口臭の原因、歯周病かも?まとめて予防するにはコレしかない

加齢臭と口臭、一気に改善したいなら!

加齢臭と口臭は無関係でなく同時期に起こりやすいとお話ししました。

にもかかわらず、改善方法が別というのは面倒が増えて嫌になってしまいますよね。

そんな時、おすすめしたいのがサプリメントの摂取です。虫歯や歯周病にかかっている方、または胃や内臓に病気の可能性のある方はそちらの治療を優先していただきたいですが、併行してサプリを摂取することで、臭いだけでも抑えることができます。

加齢臭の対策は、加齢臭用のシャンプーやボディソープ、石鹸などに頼るなど外側からいくらでも対策がとれますが、臭いの発生源は体の中にあります。

口臭も加齢臭も、内側から臭いの対策をしていかなければ本当に改善することは難しいのではないでしょうか。また、食事改善や漢方を試してみることも一つの手だと思います。

自分に合った継続できる方法を見つけ、できることから始めてみましょう。

関連記事加齢臭サプリの記事はコチラ
関連記事口臭サプリの記事はコチラ
関連記事【体験レポート】体臭サプリ「臭ピタッ!」評価もいいので自分で使ってみた結果

まとめ

  • 加齢臭のせいで息の臭いがきつくなることはない
  • 口臭の原因を探ることが先決
  • 歯周病や胃、腸のトラブルで息が臭うこともある

 

  • 関連するキーワード