口臭の原因は食べ物だけじゃない!虫歯や内臓の病気による口臭も!

2015年12月17日更新

口臭・ブレスケア

ニオイペディア編集部

  • fb
  • line

日々の会話のときだけでなく、毎日のつらい満員電車の中といったさまざまな場所で他人の口臭が気になった体験は、誰にでも一度はあるのではないでしょうか。
イヤだな、と思う一方で、臭いというのは他人のものには敏感になっても自分の臭いにはなかなか気がつけないもの。もしかして自分の口も臭っているのかな…などと不安になってしまうものです。
では、誰もが不安になる口臭とは一体なんなのでしょうか。

口臭の原因って?

口臭とは、その名前の通り口から出ている臭い、つまり息のイヤな臭いのことを全て含めてそう呼びます。
食べたものによる悪臭から虫歯や病気による臭いまで、口臭にもさまざまな原因や種類があります。何事も対策を立てるには、まずその原因をしっかりと理解しなければいけません。

口臭の4つの原因について、詳しく説明します。

原因1. 自然に発生してしまう口臭

家族や自分自身にいたっても、朝起きたときになんとなく口の臭いが気になったことはありませんか?

通常、口の中には唾液が分泌されています。口臭同様、何かと嫌がられがちな唾液ですが、実は唾液には抗菌作用があり、口の中で細菌が増えることを抑える重要な役割があります。唾液が少なくなってしまうと、口の中で細菌が増殖しやすくなってしまいます。

この細菌によって、口の中の食べかすや歯石が分解され、悪臭の元となるガスを発生することがイヤな臭いの元になります。そのため、朝起きたときや空腹時などの口の中が乾きやすいときには誰でも口臭が発生しやすくなります。

関連記事寝起きの口臭がひどい人の共通点とは
関連記事口臭の原因は唾液だった?!原因と対処法徹底調査!

原因2. 虫歯や内臓の病気による口臭

病的原因による口臭というのは、虫歯を始めとした口の中の病気と胃腸など内臓の病気によって、口臭が発生することを指しています。

まずは、口の中の病気として代表的なふたつのトラブル、虫歯と歯周病についてお話します。

虫歯では、虫歯で穴が空いた歯に歯石や食べかすなどが残り、これを口内の細菌が分解することによって悪臭が発生します。

歯周病では、弱った歯茎がたるみ、歯と歯茎の間に隙間ができてしまいます。虫歯同様、この隙間に食べかすや歯石がつまり、これを細菌が分解することによって悪臭の原因になります。

歯周病画像
歯周病
引用元:歯周病予防佐藤歯科

 
関連記事虫歯で口臭が発生する原因と対処法
関連記事その口臭の原因、歯周病かも?まとめて予防するにはコレしかない

原因3. 食べものなど、口に入れたものによる口臭

主に食べ物や飲み物、嗜好品など、口にしたもののせいで悪臭がする場合もあります。下記のようなものは、口臭を発生させる代表です。

  • にんにくやニラ、ネギなどの臭いのある食べ物
  • アルコール
  • タバコ

食べ物の中でも口臭の原因になりやすいのは、多くの方がご存知の通り、にんにくやニラ、ネギといった臭いの強い食べ物です。焼肉やキムチを食べたときの口臭も、その味付けの過程で入っているにんにくやネギによるものです。

また、二日酔いの日はより一層口臭が気になる…という方も少なくないのではないでしょうか。アルコールが体内に取り込まれると、体内で分解される際に肺で悪臭の元となる成分が発生するため、呼吸の際に息をイヤな臭いにしてしまいます。

また、お酒を飲んでいると唾液が分泌されにくくなるという点も、アルコールがイヤな口臭を生み出す原因のひとつです。

食べ物や飲み物以外の代表的な外因要因はタバコ。タバコを吸わない人にとって、喫煙者の洋服や髪の臭い同様、口臭というのも気になるものです。アルコール同様、ニコチンが唾液の分泌を抑える上、タールが口内に付着することによって喫煙者は口臭がきつい傾向にあります。

関連記事にんにくによる口臭の正体とは
関連記事タバコによる口臭悪化!その対策方法本当に大丈夫?

原因4. 内的要因によって感じる口臭

最後に、内的要因というものもあげられます。これは、他の3つと違い、実は本当に口臭が発生しているというわけではありません。

臭いの感じ方や基準は人さまざま。自分の口の臭いに神経質になりすぎると、人に比べて口臭が強いわけでもないのに人より口臭がひどい、という考えにとらわれてしまいます。これを自臭症といいますが、歯を磨いた直後でも口臭がとれていない気がするなど、気持ちが休まるときがありません。

このように、同じ口臭でも原因はさまざまです。まずは自身の口臭のタイプなどをしっかりと把握して、外的要因など予防や解決ができることから少しずつケアを始めてみましょう。

関連記事自臭症に関する記事はこちら

体の中からケアするのがおすすめ

ケア方法も人によってそれぞれだと思いますが、最もおすすめしたいのはサプリメントの摂取です。

いずれにしても、口臭の原因は、体の中から発生するもの。ガムや飴などで、唾液の口内分泌を促し臭いをごまかすというのも一つの手ですが、これでは胃の中から発生する臭いには対処ができません。

アルコール摂取やニンニク料理を食べた後などは胃の中からの臭いが気になりますよね。サプリでしたら、胃に入ってしまってから、体の隅々に広がり消臭効果をもたらしてくれるので、臭いの根本を改善したい人にはおすすめです。

商品も数多くありますので、さまざまに試してみて、自分に合うお気に入りのアイテムを見つけてくださいね。

関連記事口臭をサプリで解決するなら!おすすめサプリ3選!
関連記事【体験レポート】体臭サプリ「臭ピタッ!」評価もいいので自分で使ってみた結果

まとめ

  • 口臭の原因は、自然発生のもの・食事などによるもの・虫歯や病気によるもの・自臭症の4つ
  • ガムや飴で唾液の分泌を促すかサプリメント摂取で内側から対策するのがおすすめ

 

  • 関連するキーワード