妊娠すると口臭がきつくなる4つの原因と口内と口臭ケアの対策

2016年11月07日更新

口臭・ブレスケア

ニオイペディア編集部

  • fb
  • line

妊娠すると、ホルモンの働きにより身体的に色々な違いを体験されますよね。
妊婦さんの意外な悩みの一つが口臭。なぜ妊娠すると、口臭がきつくなるのが気になりませんか。
妊婦と口臭にはどんな関係があるのでしょうか。早速チェックしてみましょう。

妊娠中は口内に変化が起こる?

妊婦になると、つわり対策としていつも食べ物を手にしている方も多いようですが、そのため口内には食べかすが残りやすい状態になるようです。

そして妊娠すると唾液がアルカリ性から酸性に変わる傾向があります。唾液が酸性になると、酸が増えるため歯を溶かしてしまうデメリットがあります。

また唾液の分泌量が減り、歯の表面に汚れが付きやくすなることも特徴の一つ。するとプラーク(歯垢)や虫歯が発生しやすくなり、臭い菌も増殖してしまいます。また妊娠中の特徴として、歯磨きが不快になる方も多く、口内ケアが十分にできない可能性もあります。

このように歯磨き不足、そして唾液量の減少などが悪循環となり、妊婦さんの口臭がきつくなるという特徴があるのです。妊娠中は口臭ケアとともに、しっかりと口内ケアを行いたいですね。

関連記事産後の口臭、5つの原因と対策

妊婦の口臭原因って?

歯科検診を受ける妊婦さん画像

歯周病

妊娠中は口内環境の変化に伴い歯周病になりやすいことが特徴。歯と歯茎の間できる歯周ポケットには、食べかすなど臭い菌の餌が溜まりやすい状態です。歯周病菌はカスなどのたんぱく質を分解し、この際に硫黄水素などのガスが発生し口臭となるのです。

関連記事その口臭の原因、歯周病かも?まとめて予防するにはコレしかない

虫歯

虫歯は酸により歯が溶かされてしまうこと。妊婦さんは唾液が酸性よりに変化するため虫歯になりやすいことが特徴です。虫歯の菌がたんぱく質を分解して腐敗臭が発生します。虫歯が進行すると同時に口臭もきつくなっていきます。

関連記事プラーク大発生!?虫歯と口臭の関係と治療の大切さ

義歯や金属が原因

虫歯治療で使う金属などの被せものや義歯が一因となる可能性があります。歯と金属の隙間には食べかすが残りやすく、そこから臭い菌が繁殖してしまうのです。

舌苔

舌につく舌苔は細菌が繁殖しやすい原因の一つ。口臭のもとになるメチルメルカプタンというガスは、舌苔が発生元になる場合もあります。歯磨きが、つわりを悪化させる原因にもなりますが、タイミングを合わせながら舌苔の掃除も行いましょう。

関連記事白い舌は口臭の元!舌苔の除去ってどうやるの?

口臭の予防法

ヨーグルト画像

食べ物で口臭予防

食べかすは口内環境を不安定にする原因ですが、食べ物によっては口内の細菌バランスを整える効果があります。

その一つが乳酸菌。口臭原因となる臭い菌を抑制し、口内の善玉菌を増やしてくれます。ヨーグルトや発酵食品は、妊婦さんにもメリットがある栄養食品。口臭予防のためにも積極的に食べましょう。

関連記事食物繊維×乳酸菌=消臭?体臭予防になる食品とは?献立もご紹介!

マウスウォッシュ

妊娠中は唾液量が減少し、口内が粘つきます。歯磨きはつわりが心配で、ついつい抵抗を感じることもありますよね。そんな妊婦さんに手軽にできるのがマウスウォッシュ。口内の殺菌、口臭予防にとても効果がありますよ。

関連記事寝起きの嫌な口臭の対策法はある?爽やかに起きるためのポイント

歯間ブラシを使う

歯磨きをするときは歯間ブラシで最後に仕上げをしましょう。妊娠中は虫歯にもなりやすいため、しっかり歯磨きすることが大切です。

関連記事力の入れすぎはNG!口臭予防の正しい歯磨き方法

歯科治療

口臭原因になる歯周病や虫歯は根本を治療しないと臭いを改善できません。妊娠するとついつい後回しになってしまう歯科検診ですが、定期的に検査を受けましょう。

関連記事口臭対策に歯医者に行く時に気になる費用や注意点をチェック!

口臭予防サプリメント

また、妊婦さんの口臭対策にはサプリメントがオススメです。手軽で根本から改善できるため、体の変化がある妊娠中でも効率的な口臭ケアができますよ。ぜひ参考にしてくださいね。

関連記事【体験レポート】口臭・体臭サプリ「臭ピタッ!」評価もいいので自分で使ってみた結果

まとめ

  • 妊娠すると、口内に酸が増えるなど虫歯になりやすくなる。
  • 口臭がきつくなる原因は、歯磨き不足や唾液量の減少などがある。
  • 口内を清潔に保つとともに、サプリメントで手軽で効率的な口臭ケアがオススメ。

 

  • 関連するキーワード