コーヒーを飲むとミドル脂臭の原因に?30代40代は要注意!

2017年02月23日更新

加齢臭

ニオイペディア編集部

  • fb
  • line

最近目新しいワードで30代40代を脅かす「ミドル脂臭」ですが、コーヒーを飲むとミドル脂臭の原因となってしまうのではないかと、普段何気なく口にしている物まで気にするようになっていませんか?
コーヒーはミドル脂臭の原因になりうるのでしょうか。検証していきます。

ミドル脂臭の原因とは

ミドル脂臭とはそもそも何なのか、という点ですがミドル脂臭は30代~40代が最も臭いを発するようになるというのが特徴で、加齢臭とは異なります

臭いの成分は「ジアセチル」とよばれる物質によるもので、主に頭部周辺から古い油のような臭いを発します。

関連記事20代後半でも臭う!加齢臭?ミドル脂臭?違いはどこにある?

ジアセチルが発生するメカニズムですが、まず頭皮には保湿や外部からダメージを軽減するための皮脂が分泌されています。その皮脂が皮膚常在菌に代謝分解されると、中鎖脂肪酸を副産物として排出します。

この中鎖脂肪酸の時点では臭いはそこまでしないので問題ないです。
ですが、皮膚常在菌が汗腺から分泌されるに含まれる乳酸を代謝分解されるとミドル脂臭の原因成分であるジアセチルが発生するようになるのです。

ジアセチルだけでも強烈な臭いを発しますが、先程の中鎖脂肪酸と混ざり合う事で更に強烈な臭いへと進化します。そしてジアセチルが脂肪分を含むため、外界へ溶けずに皮脂に蓄積されるようになります。

このミドル脂臭の原因は汗と皮脂によるものですが、肉類等の脂質が多い食時や野菜を全く食べない、あるいは決まったものしか食べない偏食家、ストレスや疲労や睡眠不足が当てはまるとミドル脂臭になりやすいと言われています。

コーヒー ミドル脂臭
関連記事女性にもミドル脂臭がある?!

コーヒー臭の原因は?

一方、コーヒー臭というのは主に口からするものです。コーヒーの焙煎しているときの香ばしい匂いや口にした時の奥深い味とは違い、なんともいえない臭さが口からするようになります。このコーヒー臭の原因というのは実はコーヒーの微粒子成分にあるのです。

コーヒーに含まれている微粒子は舌に付着し唾液の分泌を抑え、口内のPHを下げ酸性に傾ける作用があります。

コーヒー ミドル脂臭
唾液の分泌が抑えられると、唾液には殺菌作用がありますので菌が繁殖しやすくなるのは言うまでもないのですが、口内が酸性になると口内に存在する口臭原因菌が活発化し増殖して口臭の元を作り出します。

加えて舌に付着したコーヒーの微粒子もエサにしますので口内では急速に菌が増殖していると思ってください。そうすると自然とコーヒーを飲んでしばらくすると独特のコーヒー臭がしてくるようになるのです。

関連記事カフェイン類が体臭の原因になる?

コーヒー臭対策

コーヒー臭がしないようにするためにいくつかの対処法を紹介したいと思います。

コーヒーを飲んだ後はマウスウォッシュやうがいをする

コーヒーの微粒子を取り除けばコーヒー臭はしなくなるので、飲んだ後は必ずマウスウォッシュや口うがいをしてください。そうすると舌に付着した微粒子を洗い流すことができます。

舌磨きをする

うがいやマウスウォッシュは時間のない人におすすめですが、もし時間があるようなら歯ブラシで舌を直接磨いたほうが微粒子は取れやすいです。その際はあまり強くゴシゴシとせずにやさしく磨いてください。
その後にマウスウォッシュやうがいを丁寧にするとより効果的です。

関連記事舌苔ケアは歯ブラシNG!舌磨きの正しいやり方とタイミング

ガムを噛む

ガムを噛むことで唾液分泌が促進され、舌に微粒子が付着している状態でも菌の繁殖を抑えることが可能です。加えてガムには香り付けがされているものがほとんどなので、口臭を抑えていい香りをさせることができます(マスキング効果と呼びます)。

関連記事口臭対策のカギは唾液?ガムの効果とオススメな種類

タバコとコーヒーの同時接種は控える

これは対策というよりは注意なのですが、タバコの臭いもまた口臭の原因となり周りの人を不快にさせますが、それにコーヒー臭を加えると自分にとっては気にしない程度ですが周りからすると強烈な臭いを発している事になります

なのでタバコとコーヒーを同時に摂るのであればしっかりと口臭ケアをする必要があることを肝に命じておいてください。

関連記事口臭だけじゃない!髪や衣類も臭ってる

コーヒーを飲みすぎると胃壁が荒れて身体にも良くないですが、適度に飲むことでリラックス効果や抗酸化作用も期待できます。ミドル脂臭とコーヒー臭の違いを正確に理解して適切なケアをしていきましょう。

まとめ

  • ミドル脂臭の原因は汗と皮脂によるもので、主に頭部周辺から古い油のような臭いを発する。
  • コーヒー臭の原因はコーヒーの微粒子成分にあり、舌に付着した微粒子を菌がエサにすることで増殖し、独特のコーヒー臭になる。
  • タバコとコーヒーを一緒に摂取すると強烈な臭いを発してしまうので、同時に摂取することは控え、コーヒーは適度に飲むようにする。

 

  • 関連するキーワード