【加齢臭対策シャンプー】今効果が期待される選りすぐり3選

2015年12月27日更新

加齢臭

ニオイペディア編集部

  • fb
  • line

年齢を重ねていくとともに気になるのが、加齢臭。
「若い頃はこんなニオイしなかったのに…気のせいかなぁ」というそのニオイ気のせいではなく、加齢が原因かもしれません。

加齢臭の原因となる「ノネナール」

一般的に加齢臭はチーズや古本、ローソクのようなニオイがするとされています。
そのニオイの原因が「ノネナール」という物質です。

この「ノネナール」は若い人からはほとんど検出されることがありません。加齢とともに、40歳ぐらいから酸化を抑える抑制力が低くなると考えられています。

それとともに皮脂や脂肪酸の分泌が多くなり、脂肪酸と過酸化脂質が結びつくと加齢臭の原因となる「ノネナール」を発生させます。

関連記事加齢臭ノネナールとミドル脂臭ジアセチルの違いとそれぞれの対策法

身体のどのあたりが臭うのか?

脂肪酸と過酸化脂質は皮脂腺から分泌されるため、皮脂腺が多いところが、加齢臭が臭うところと考えられます。

皮脂腺は上半身の全体にありますが、そのなかでも、皮脂腺の多い「耳のうしろ」「頭」「顔」「首すじ」などからの加齢臭は他人の鼻にも近く、気になるところです。

特に「頭」は皮脂腺が最も多く、髪の毛によって蒸れるため、加齢臭を最も強く感じる部位と考えられています。

関連記事加齢臭が発生する場所は耳の後ろなどの耳ではないって本当?
関連記事加齢臭の原因はこんなにあった!活性酸素を増やしてしまうノネナールとは?

加齢臭を予防するには

加齢臭予防の主となる5つの対策とはどんなものがあるでしょうか。みていきましょう。

1. ストレスをためない

ストレスや睡眠不足は酸化の原因となります。

2. 食べものや飲みものに気をつける

動物性脂肪も加齢臭の原因となります。
高タンパク、高脂肪のものを避け、魚など和食中心の食事にする。また、ポリフェノールは加齢臭を抑える効果があると考えられますので、お酒を飲むなら赤ワインなどを飲むのもいいでしょう。

関連記事加齢臭は内側から対策!和食が消臭のミカタ!

3. 衣類を清潔にする

雑菌の繁殖はニオイの原因です。抗菌作用のある洗濯石鹸などを使用するといいでしょう。

関連記事洗い方合ってる?加齢臭のついた衣類の洗濯は○度のお湯が鍵!

4. サプリメント

ビタミンCやビタミンEには抗酸化作用がありますが、食事だけで補うのは大変難しく、サプリメントで効率よく補うのもいいでしょう。

関連記事厳選!加齢臭を本気で直したいあなたへ、おすすめサプリ3選!
関連記事【体験レポート】体臭サプリ「臭ピタッ!」評価もいいので自分で使ってみた結果

5. 石鹸、シャンプーで予防する

抗菌や殺菌作用、柿渋のタンニンやポリフェノールが含まれた石鹸を使うのも効果があると考えられています。

関連記事加齢臭の原因物質ノネナール対策の3つのポイント!

シャンプーでしっかり加齢臭対策を!

加齢臭対策のためのシャンプーは専用のものを使用するのがベストだと言えます。
おすすめ3選、ご紹介します。

ルシード「薬用スカルプデオシャンプー」

加齢臭だけでなくドロっとしたミドル脂臭などに特化した、ニオイを予防したい40代以上のひとのためのノンシリコンシャンプー。

薬用スカルプデオシャンプー
ルシード 薬用スカルプデオシャンプー 450mL (医薬部外品) 参考価格1,566円
引用元:LUCIDO(公式)

 
ニオイに効果があるとされている桂皮や緑茶エキス配合で、毛穴にたまった脂を落とし、殺菌作用でニオイの原因となる菌を殺菌します。

関連記事ミドル脂臭対策にマンダムルシードが効果あり?口コミを検証!

ペリカン石鹸「泥炭石地肌ケアシャンプー」

炭の成分も大変洗浄力がつよく、加齢臭の予防法にも効果があるそうです。

泥炭石地肌ケアシャンプー
泥炭石 地肌ケアシャンプー 500ml 参考価格1,296円
引用元:ペリカン石鹸(公式)

 
天然成分の炭と泥が古い皮脂や角質、毛穴の汚れをさっぱり落としてくれます。パーム油由来の植物性石鹸を使ったノンシリコンシャンプーです。

コスメテックスローランド「デオタンニングシャンプー」

柿渋のタンニンは、加齢臭を予防するといわれているポリフェノール成分です。

デオタンニング スカルプシャンプー
デオタンニング スカルプシャンプー 400ml 参考価格1,296円
引用元:コスメテックスローランド(公式)

 
ポリフェノールは緑茶や赤ワインにも含まれますが、柿渋にはおよそ緑茶の73倍、ワインの20倍含まれているといいますので、加齢臭予防が期待されます。

洗いすぎには注意して続けられる予防法を

洗いすぎたりして、頭皮をキズつけると、それを保護するために皮脂が余計に分泌され、かえって逆効果になります。シャンプーをよく泡立て、やさしく、しっかりすすぐようにしましょう。

また、シャンプーはそれぞれ成分や値段が違います。加齢臭予防には、まず毎日のケアを続けるのが肝心です。

加齢臭予防のための石鹸、シャンプーには、他のシャンプーにくらべて比較的高価なものがありますが、成分や価格など、自分に合った長く続けられるシャンプーを見つけてください。

ニオイのケアをするのはエチケットです。加齢臭を予防するには、加齢臭そのものを予防するのはもちろんのこと、見た目の清潔感も意識して、自分自身にも自信をつけるのも大切でしょう。

まとめ

  • 頭は加齢臭を最も強く感じる部位
  • 対策用のシャンプーで洗いすぎないように注意して洗う
  • 食事だけでは補えない抗酸化作用成分をサプリメントで摂ると対策効率アップ

ご紹介した商品について

※お住いの地域によっては別途送料がかかることがあります。
※価格は変動する場合があります。特に割引価格や付与ポイント、特典は変更・廃止される可能性が高いので、購入の際には公式サイトもしくは取扱いのショップで必ずご確認ください。
 

  • 関連するキーワード