運動不足が加齢臭の原因に?適度な有酸素運動で予防する方法とは

2017年02月05日更新

加齢臭

ニオイペディア編集部

  • fb
  • line

加齢臭には運動が効果的だといわれています。なぜ運動することが加齢臭に働きかけるのでしょうか?
この記事ではそのメカニズムを検証していきます。

加齢臭の原因とは?

若い人はそこまで気にしていないかもしれませんが、加齢臭は多くの人に訪れる老化現象の一つです。

年齢を重ねるに従って、その匂いは徐々に強まっていきます。しかし、避けることができないわけではなく、生活習慣や日々のケアをしっかりしていくことで、臭いを抑え、目立たなくすることは可能です。

そもそも加齢臭とは、「ノネナール」という臭い成分が原因です。皮脂の中に含まれている過酸化脂質と脂肪酸が結びつき、その中で雑菌が繁殖し、ノネナールは作られます。

関連記事ノネナールについての詳しい解説記事はこちら

一般的には40歳を過ぎた年齢で過酸化脂質と脂肪酸の分泌量が増え始めるので、ノネナールの生成量も増えます。また、活性酸素が体の中に増えると、それもノネナールを増やす原因となります。

そのため、加齢臭を予防するポイントは「過酸化脂質」「脂肪酸」の分泌を減らし、雑菌を繁殖させない事。そして「活性酸素」を増やさないための生活習慣や食生活を心がける、ということになります。

関連記事加齢臭・男女別の原因と対策

加齢臭対策に効果的な運動とは

運動には様々な種類がありますが、その中でも特に有酸素運動が加齢臭に効果があるといわれています。有酸素運動とは、ウォーキングやランニング、サイクリング、水泳といった、「長時間の軽い運動」のことをいいます。

加齢臭 運動
反対の言葉に無酸素運動というものがありますが、これは短時間の激しい運動のこといます。短距離走や筋トレなどがそれにあたります。
有酸素運動は、その文字が表すとおり、酸素を体内に取り込み、取り込んだ酸素をエネルギー源としながら続ける運動のことです。そのため、長時間の継続が可能になります。

無酸素運動の場合はそれができません。例えば腕立て伏せをしている姿を想像してください。ある程度の回数がくると、その部分の筋肉はどれだけ呼吸をしても限界を迎えてしまいますよね。呼吸で取り込む酸素が間に合わないほどの激しい運動量と、筋肉疲労だということです。

では、なぜ有酸素運動が加齢臭を抑えるのでしょうか。
それには遊離脂肪酸が関わっています。一定時間軽い運動を続けることによって、血液の中の遊離脂肪酸が減少します。

遊離脂肪酸は、加齢臭の原因となるアルデヒドや脂肪酸の原料になる物質です。有酸素運動することによって遊離脂肪酸を燃焼させ、加齢臭の原因物質の生成を抑制することができるのです。

水泳画像
この遊離脂肪酸が燃焼させられるのは、運動開始から20分以上が経過してからになります。そのため、20分以下の運動をしても、遊離脂肪酸は燃焼されません

その間(運動開始から20分以内)にかいた汗というのは、体内のアンモニアが分泌された臭いニオイの元となる汗です。しかし、20分以上の運動を行うことによって流れ出る汗は成分が酸性になり、水に近くなります。

成分が酸性になると、その汗が皮膚についていてもその中で雑菌が繁殖しにくいため、臭いが発生しにくいのです。

逆に普段運動していない人のかく汗は常にアルカリ性の性質を持っているため、その中で雑菌が繁殖しやすく、臭いも出やすいのです。こういった理由から加齢臭をケアしたいという場合には、日頃から20分以上の適度な運動行っているということが予防につながるのです。

運動以外の加齢臭対策

冒頭でお伝えしたように、加齢臭の原因には、いくつかの要素が関わっています。
有酸素運動を取り入れるだけで十分な加齢臭対策ができるかというとそうではありません。それ以外にも普段の生活習慣を改善しなければ体臭は変化しません。例えば、食生活を変えることも重要なポイントです。

関連記事加齢臭対策は内側から!和食中心の食事で体の酸化防止を

皮脂が酸化することでも加齢臭が発生するので、皮脂の過剰分泌を防ぐような食生活を心がけるということ、そして、脂肪を酸化させないようにすること、という2つのポイントを軸にして食生活の改善を行うと良いでしょう。

特に、脂っこい食べ物を控えるというのは重要で、揚げ物や脂肪分が多く含まれる肉や、マーガリン、マヨネーズなどは強い匂いの原因となります。また、お酒を飲みすぎたりタバコを吸ったりすることは、体の中で活性酸素を作り出す原因になるので控えめにした方が良いでしょう。

逆に活性酸素を減らす抗酸化物質を摂取するのが加齢臭対策にはおすすめです。

加齢臭 運動
抗酸化物質である、ビタミンCを多く含んだ野菜、ビタミンEを多く含んだ野菜、イソフラボンを多く含んだ大豆製品、アントシアニンを含む赤ワインやブルーベリー、βカロテンを含む緑黄色野菜、DHAやEPAを含んだ青魚などが、抗酸化作用持つ主な食品となります。
加齢臭が気になる方は、日頃の食生活の中にぜひ取り入れてみてください。

関連記事加齢と共に抗酸化作用が働かなくなると体臭がきつくなる原因

運動すら面倒くさい!という方にはサプリメントがおすすめ!

毎日続けるのも面倒、そもそも運動することが嫌い、という方にとって、加齢臭が改善するとはいえ苦手なことを毎日続けましょう、というのも無理がある話かもしれません。
手軽に短時間で体臭ケアができるとしたら、そちらに傾くのが自然というものではないでしょうか。

そんな方々におすすめしたいのが『臭ピタッ!』です。臭ピタッ!は、森のリフレッシュ作用に着目し、しその葉、柿の葉、ヨモギ葉など、厳選された植物から抽出されたエキスをブレンド、濃縮した体臭・口臭のためのサプリです。

臭ピタ
1日1粒飲むだけなので、時間がない方でも続けることが出来ますし、早めに効果を出したいという方にもおすすめできる商品なのです。
体臭・口臭でお悩みの方、臭い対策をお考えの方は、サプリにも頼ってみてはいかがでしょうか。

公式サイト臭ピタッ!を公式サイトで確認する

関連記事【体験レポート】体臭サプリ「臭ピタッ!」評価もいいので自分で使ってみた結果

まとめ

  • 加齢臭は、ノネナールという臭い成分が原因。
  • 加齢臭にはウォーキングやランニング、サイクリング、水泳などの有酸素運動が効果がある。
  • 食生活を見直すことも加齢臭対策には重要。

 

  • 関連するキーワード