体臭予防のつもりの朝シャワーでハゲる?効果を出すためのポイントとは?

2016年06月09日更新

体臭

ニオイペディア編集部

  • fb
  • line

体臭は朝シャワーの効果で消えるのでしょうか?
実は、朝シャワーを浴びるだけでほとんどの体臭はカバーできます。
夜お風呂に入っても身体は寝汗で汚れてしまうので、体臭が気になるなら朝シャワーが効果的です。ただし、やり方を間違えると余計体臭がきつくなることもあるので、ご注意下さい。
体臭トラブルを解決するための朝シャワーの浴び方、逆効果になる浴び方をお伝えします。

朝のシャワーが体臭予防に効く理由

もし体臭が気になるなら、朝のシャワーを習慣にしましょう。体臭は朝シャワー効果で見事に消えます。

もちろん消毒液を浴びるわけではないので、丸1日体臭を無臭化できるわけではありませんが、実際に朝シャワーを浴びてみると、驚くほど臭いが軽くなっていることを実感するはずです。

体臭にお悩みの方は、寝る前にお風呂で身体をしっかり洗っているはずなのに、翌日の午前中にはもう臭いが発生してしまっているのではないでしょうか?

これは、睡眠中こそ汗や皮脂が分泌される時間帯であるということが関係しています。

人は寝汗だけでも一晩に500mlも汗をかくそうです。小さなペットボトル1本分の汗をかいているわけですから、朝起きた時にはすでに汗や皮脂で身体が汚れている状態です。

さらに通勤、通学の移動中新たな汗をかくと、お昼前には不快臭がぷんぷん漂うことになります。

こうしたことからも、朝シャワーで汚れた分をしっかり洗い流せば、就寝中の汚れをもう一度リセットすることができそうですね。

関連記事お風呂の入り方で体臭が左右される?体臭改善のためのお風呂の入り方

朝シャンでハゲる?シャンプーは朝と夜どちらが良いの?

体臭に朝シャワーが効果を発揮することはお分かり頂けたと思いますが、では髪は朝と夜のどちらのタイミングで洗うのが理想的なのでしょうか。

髪も寝汗で汚れますから、もし臭いを抑えることを最優先に考えるなら朝にシャンプーで洗いましょう。

ただし、「朝シャンでハゲる」と言う噂はあながち間違っていません。もし夜と朝の2回、立て続けに髪を洗っている場合、洗い過ぎているせいで髪が抜けやすくなります。

洗髪のし過ぎで頭皮の皮脂腺が刺激を受け、余計ギトギトになって毛穴が詰まりやすくなる恐れがあります。

では、夜のシャンプーを止めれば問題は解決するかと言えば、それはそれで弊害があります。

髪の毛は寝ている間に成長するのに、頭皮が汚れたままでは毛根に栄養素がゆき届きにくくなります。皮脂の詰まった毛穴からは、新しい毛も生えにくくなりますし、汚れた状態のまま長時間過ごすことで雑菌が繁殖しやすくなるのも問題です。

頭皮や髪のことを考えるなら、夜シャンプーをして寝るのが一番です。

関連記事その洗い方、頭皮の加齢臭を悪化させているかも?洗髪のコツご紹介
関連記事頭の加齢臭対策選び方が大切!今評価されているシャンプーとは

逆効果になる朝シャワー、朝シャンのやり方

体臭予防を第一に考えるなら、朝シャワー、朝シャンが効果的です。ただし、朝にシャワーを浴びて髪も洗うなら、早寝早起きの習慣をつけることが大前提になります。

朝シャワーを浴びているのにあまり体臭予防効果がない、と感じている方は雑に洗い過ぎている可能性があります。

朝のお風呂は夜に比べるとどうしても時間がないため、しっかり水気を乾かさず、生乾きのまま洋服を着て生臭くなってしまっているケースも少なくありません。

早起きをして時間に余裕があれば、落ち着いて水気を拭き取り髪もゆっくり乾かすことができますよね。慌てずに朝シャワーを浴びることができれば、熱いシャワーで交換神経のスイッチが入り、颯爽とした状態で家を出ることができます。

また、洗髪直後に家を飛び出してしまうと、紫外線による刺激をもろに受けてしまうことになります。

頭皮をガードする庇護膜は、洗髪してすぐに再生されません。コーヒーでも飲んでリラックスタイムを楽しみながら、皮脂が分泌されるのを待ちましょう。

関連記事女性に多い「ダブルヘッド臭」ってどんな臭い?頭皮環境の改善法は?

まとめ

  • 寝汗分を洗い流せるので、体臭は朝のシャワーが効果的
  • 生乾きの生臭さが残らないよう、しっかり水気を乾かすのがポイント
  • シャンプーも朝するなら早寝早起きの習慣をつけ、洗い方が雑にならないよう要注意

 

  • 関連するキーワード