ワキガ手術の実態調査!副作用で汗量増加?デメリットがひどい

2015年12月01日更新

ワキ臭・ワキガ

ニオイペディア編集部

  • fb
  • line

ワキガは病気です。
よって治療が必要になりますが、治療に通うのも大変だったり、臭いが強くなかなか効果が得られなかったりと手術を考えなければいけない人も多いようです。
今回は手術のメリットデメリットについてお話ししたいと思います。

剪除法(せんじょほう)

皮膚を5cmほど切開し、アポクリン汗腺やエクリン汗腺を医師が目視で取り除く手術法です。

ワキガ剪除法
ワキガ剪除法
引用元:ワキガ治療どっちを選ぶ?レーザーvs手術美人白書

 
汗腺を丸ごと除去するため臭いが強い人にはおすすめな方法です。入院の必要もなく1~2時間で手術は終わります。
費用は30万円程度ですが、保険が適用になるケースもあります。回復までに必要な時間は1週間程度です。

シェービング法

脇にあけた1cm程度の穴から専用のシェービング機でアポクリン汗腺を取り除きます。

シェービング法
シェービング法
引用元:治療方法:ローラー法/シェービング法わきが治療診療所

 
30分~1時間の手術で費用は20万円程度です。

他にもレーザーシェービング法や汗腺を焼き切った後に吸引するベイザーシェービング法があります。多汗症やワキガが軽度の方におすすめです。回復期間が3日間ほどと短く、皮膚の合併症も少ないと言われています。

ミラドライ

マイクロウェーブによって、脇にメスを入れず汗腺のみを重点的に破壊します。

ミラドライ画像
ミラドライ
引用元:ミラドライアーデ・ベークリニック

 
皮膚を切らずに治療することができるのが最大の魅力です。手術時間は1時間程度で入浴や運動の制限はあるものの回復も早いです。
費用は45万円ほどです。

関連記事わきが治療に使われるミラドライのメリットとデメリット

ボトックス

しわの治療で耳にしたことがあるかもしれませんね。脇の治療にも効果があると言われています。

ボトックス注射によって、臭いや汗の原因となる汗腺の過剰な働きを抑制し、臭いと汗が軽減されます。注射後3~4日から効果がではじめ3ヶ月~6ヶ月まで効果が持続します。
費用は1回10万円程度です。

関連記事効果の高いワキガのボトックス治療の注射の痛みや気になる費用

手術によるデメリットとは?

では、デメリットはどのようなところにあるのでしょうか?
順にみていきたいと思います。

関連記事ワキガ治療の種類や気になる費用とは?保険適用されるケースも!

傷跡が残る

メスを入れる手術法に関しては傷跡が残ることもあります。
傷跡が残らない方法だと、汗腺の取り残しが多くなるなどの問題もあります。また、皮膚が突っ張るなどの症状に悩むケースもあります。

医師の腕が問われます。信頼できるお医者さんに依頼しましょう。

臭いが消えない

取り残しはどうしてもできてしまうので臭いが完全に消えないという意見もあります。結果再手術を行う人も少なくありません。

脇毛がはえなくなる

汗腺と一緒に毛根もとりのぞいてしまうので、脇毛の量が激変します。女性ならうれしいかもしれませんが男性は気にする人がいるのではないでしょうか。

汗の量の増加

アポクリン汗腺だけでなくどうしても毛穴や、エクリン汗腺も一緒に取り除いてしまうことで脇からの汗の量は必ず減少します。

しかし、他の部位からその分の汗が出るようになり手汗や顔汗に悩むといった、「代償性発汗」などの副作用に悩むケースもあるようです。
ひどい人では手がビチョビチョでいつも濡れているという人もいます。

高額な手術費用。注射の場合は通わなくてはいけない

ワキガの治療は保険がきく場合もありますが10万円以上はする高額な手術です。また注射の場合も定期的に通わなくてはならないため手間とお金がかかります。

ワキガの手術は悩んでいる人にとっては、今すぐにでも受けたいという気持ちになることでしょう。ミラドライなどの新しい治療方法も出てきてより正確に治療できるようになりました。しかし、高額な費用などのデメリットがあるのもまた事実です。

手術前には、医師とよく相談し納得してから信頼できる医師の元で行うようにしましょう。手術法や治療方法は症状によってさまざまです。1つの病院で決めるのではなく複数の病院にかかり説明を聞くのも良いかもしれませんね。

関連記事軽度のワキガなら手術せずに市販の治療薬で改善するケースも!
関連記事体臭専門外来の治療方法や気になる費用が知りたい!そのニオイ、精神的なものかも?

まずは外用薬やサプリで対策!

手術は大きなリスクが伴います。汗腺を取ってしまうわけですので、取り返しのつかないことになる可能性もゼロではありません

ワキガに悩み続けて手術を検討される方も少なくありませんが、まずは外用薬やサプリメント、または漢方薬など手軽にできる対策から始めてみましょう。

外用薬はその場だけの対策ですが、サプリメントの摂取で臭いが全く気にならなくなったという方もたくさんいます。

商品の数も多いですし、探すのも大変かと思いますが、副作用が少なくリスクも低いですし、負担にならない範囲でこうしたアイテムを活用されることを検討してみてはいかがでしょうか。

手術の副作用は、一生つきまといます。ワキガや体臭など、対処の方法は、十分に考えてから行いましょう。

関連記事体臭サプリに関する記事はこちら
関連記事【体験レポート】体臭サプリ「臭ピタッ!」評価もいいので自分で使ってみた結果

まとめ

  • ワキガの手術方法は、剪除法・シェービング法・ミラドライ・ボトックスの4つ
  • 手術によって傷跡が残ったり、汗が増加するなどのリスクを伴う
  • まずは外用薬やサプリ、漢方薬などで対策することがおすすめ

 

  • 関連するキーワード