体臭とフェロモンは似て非なるもの?男女別の増加方法で好感度アップ!

2016年03月08日更新

体臭

ニオイペディア編集部

  • fb
  • line

汗臭さやきつい香水の香りをフェロモンだと勘違いしていませんか?
体臭とフェロモンは“似て非なるもの”。男らしいワイルドな体臭、女性らしいセクシーな体臭と混同されがちですが、実はフェロモンの匂いは無臭です。
最新科学が解き明かす臭いのメカニズムを知って、フェロモンを賢くコントロールしましょう!
好感度が上がって困ることは何ひとつありません。

モテない理由はフェロモン不足?

ルックスは悪くないのに、なぜかモテないとお悩みではありませんか?
もしかするとフェロモンが不足している可能性があります。

既婚者は「今更モテなくても構わない」と思うかも知れませんが、「モテ=好感度」と考えると人ごとではないはず。接客業も営業職も、好感度が成功の鍵を握ると言っても過言ではありません。

事実、フェロモンのメカニズムを研究し、好感度アップに役立てているビジネス講座にも予約が殺到しているとか。

ストーカーは例外ですが、人に好かれて困ることはありません。

取引先相手や同僚、上司、部下、フェロモンをコントロールすることで人間関係を円滑にすることができるなら、試してみても損はないのではないでしょうか。

関連記事異性の体臭で相性がわかる?!遺伝子で好き嫌いが分かれるって本当?

新事実!フェロモンは無臭だった!?

モテ対策はもちろん、好感度を上げる為にもフェロモンを味方につけましょう。

まずは正しい知識を身につける必要がありますが、実はフェロモンは無臭です。汗臭さやきつい香水は、せっかく放出されたフェロモンをかき消してしまうのでご注意下さい。

体臭とフェロモンは別物です。

人間が放つヒトフェロモンにはまだまだ謎の部分も多いものの、人を惹きつける作用を持つことが判明しています。

フェロモンは、「におい」として知覚されているのではありません。無意識的に脳にダイレクトに働きかけ、ホルモン分泌が刺激されることによって体が反応するのです。 普段私たちが明らかに意識しているレベルよりもっと深い部分、つまり潜在意識に刺激を与えるものといわれています。

引用元:フェロモン香水ラボ

 
フェロモンは、嗅覚ではなく、脳に影響を与えるということですね。

汗腺から身体の外に放たれる化学物質、フェロモンを嗅いだ人間は深くリラックスし、近くにいたいと感じるようになるそうです。

一方体臭は、汗腺や皮脂腺から分泌される臭い物質の塊でしかありません。魅力を上げるような作用は皆無というわけです。

ここまでで、フェロモンと体臭の区別はお分かりいただけたでしょうか?

このことから、「体臭改善=フェロモン減少」には結びつかないことがわかりますね。体臭を改善したいのなら、サプリメントなどの摂取で行いましょう。

関連記事体臭改善したい人必見!おすすめサプリはこちら
関連記事【体験レポート】体臭サプリ「臭ピタッ!」評価もいいので自分で使ってみた結果

男女別!フェロモン増加方法とは?

さて、次からは男女別のフェロモンの増やし方についてお話したいと思います。

フェロモンの分泌量を上げる作戦は、男性と女性では異なります

男性がフェロモン分泌量を増やすには?

男性がフェロモン出すには、闘争心を掻き立てられるようなスポーツや筋トレが一番手っ取り早いそうです。こまめに汗を拭き、身体を動かしましょう。

フェロモンと同じように汗も実は無臭です。皮膚の常在菌と触れ合って初めて臭うようになるので、肌を清潔にしていれば汗をかいても怖くありません。

ただし、汚れた汗には注意が必要です。フェロモンと汚れた汗が混ざり合うと、モテるどころか不快臭へと変化してしまう恐れがあります。

男性のフェロモンには、アンドロステノンという揮発性ステロイドの一種が含まれています。

この臭い物質が肌の菌、汗に触れるとたちまち残念な化学反応が起き、不愉快な臭いに変わります。フェロモンが皮膚で嫌な臭いに変わってしまったら、これほど損なことはありません。

関連記事臭うのは汗のせいじゃない?体臭の本当の原因とは
関連記事体臭には男女差が!効果のある男性用体臭石鹸はこう選ぶ!

アロマ女子必見!お気に入りの香りを嗅ぐだけでフェロモンが出る?

アロマイメージ画像
男性はフェロモンを増やす為に筋トレに励まなくてはなりませんが、女性はもっと簡単な方法でOKです。

なんと、女性の身体はお気に入りの香りを嗅ぐだけで、女性ホルモンとフェロモンがたっぷり分泌される仕組みになっています。

アロマテラピーを始めてから妙にモテるようになった、と実感している女性が多く、モテる為にアロマテラピーを始める方も。

単純に女性らしい趣味で男性受けが良いということだけではなく、良い香りを嗅ぐ時間が増えたことも影響し「アロマテラピー=モテ度アップ」の図式が成立するというわけです。

まとめ

  • 体臭とフェロモンは似て非なるもの
  • 汗臭い体臭とは異なり、フェロモンは無臭
  • 男性は筋トレ、女性はアロマテラピーがフェロモン量を増やすのに効果的

 

  • 関連するキーワード