本当の体臭原因は汗のせいじゃない!2種類の汗腺で臭いが違う

2016年01月18日更新

体臭

ニオイペディア編集部

  • fb
  • line

体臭や口臭を予防するというのは、社会人のエチケットです。
しかし、自分ではなかなかわからないのが困ったところ。デリケートな話なので、他の人からは指摘しにくいものでもあります。
その臭いの原因は、年齢、性別によって様々ですが、原因を知ることが体臭を予防したり改善する近道といえそうです。
気になる体臭の原因とは、一体なんでしょうか?

体臭の原因は「皮脂と汗+雑菌」

わたしたちの皮膚には「皮脂腺」と「汗腺」があり、それぞれ皮脂と汗を分泌します。

てかりやべとつきなど、なにかと疎まれる「皮脂」と「汗」ですが、皮脂に皮膚や毛髪の表面に脂肪膜を張り、その脂肪膜によって、皮膚の潤いを与え保護します。

また、汗は汗腺が熱に反応すると出てきます。そのことによって皮膚の汗が蒸発し、上昇した体温を下げるといった、体温調節の役割があります。そのほか、刺激物や辛いものを食べた時や、緊張している時なども汗がでます。

表皮のしくみ
表皮のしくみ
引用元:皮膚のメカニズムさくらクリニック ながれやま

 
そういった役割がある皮脂や汗ですが、その皮脂や汗が体臭の原因となることもあります。

体質や摂取した食べ物や飲み物によりますが、そもそも分泌されたばかりの汗や皮脂はほとんどが無臭です。

その汗や皮脂と皮膚に付着しているさまざまな種類の皮膚常在菌=雑菌が作用し、汗や皮脂に含まれる脂質、タンパク質、アミノ酸などの成分を酸化、分解される過程で、体臭の原因となる揮発性成分=ガスのようなものを発するようになります。これまでに数百種以上この体臭の成分は確認されています。

関連記事コーヒーなどのカフェイン類の飲み物が体臭の原因になるの!?
関連記事その体臭大丈夫?知っておきたい病気の可能性!

2種類の汗腺によって違う汗の匂い

汗を分泌するのは「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」の2種類の汗腺に分かれます。

2種類それぞれの汗腺は含まれる成分が違い、成分が違うということは発生する臭いも違ってきます。

ここでは、それぞれの臭いの特徴をご紹介したいと思います。

エクリン汗腺

一部分をのぞき身体のほぼ全身にあるのがエクリン汗腺です。人間のかく汗のほとんどが、このエクリン汗腺からの汗で、体温調節などのために、水分の多いサラサラとした汗です。

エクリン汗腺(小汗腺)
エクリン汗腺(小汗腺)
引用元:汗とお肌の関係ハンドクラップ

 
成分のほとんどが水分ですが、他には塩分や尿酸、アミノ酸が含まれており、垢や皮脂などの汚れがつくことによって、そのアミノ酸などが分解され体臭の原因となります。

アポクリン汗腺

おもにわきや性器周辺などにアポクリン汗腺あり、分泌される汗は、水のほかに独特の臭いの原因となるタンパク質、脂質、脂肪酸などが含まれています。

アポクリン汗腺(大汗腺)
アポクリン汗腺(大汗腺)
引用元:汗とお肌の関係ハンドクラップ

 
もともと、動物のもつフェロモンのような働きをアポクリン汗腺による汗はもっていると考えられ、そのニオイで性的に異性を惹きよせるとされています。ですから、この男性特有の体臭は同性よりも、女性がより敏感に感じられるとされています。

関連記事脱毛すると脇のにおいがキツくなる?脱毛後にするべき3つの対策

部位や男女で違う体臭

この「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」は人間の身体でも分布しているところも、成分も違うため、身体の部位によってその体臭の特徴や性質も違ったものになります。

また、男性は女性よりも皮脂の分泌が多いことがあり、女性よりも体臭がきつくなることもあります。

これには、皮脂の分泌量の違いや成分の違いもそうですが、女性ホルモンによって汗を抑える効果があるということも影響があるようです。

しかし、汗腺の数は男性よりも女性の方がもともと多いと言われており、加齢とともに女性の方が体臭が気になる場合もあります。

これらは、女性ホルモンのバランスが乱れることによる症状で、生理前などにも体臭の変化は現れるようです。

関連記事女性はワキガになりやすい?それ、脳が関係しているかも?
関連記事女性の加齢臭は年々きつくなる?今のうちにやっておきたい対策とは

体臭によって思わぬ病気がわかることも

体臭の違いによって、思わぬ病気がわかる場合もあります。

たとえば「脂漏性皮膚炎」なら、あぶらっぽい皮脂臭。

「糖尿病」の場合、尿の甘酸っぱいニオイ、アセトン臭。

「腎機能の低下」や「全身疲労」などは汗のアンモニア臭。

「魚臭症」という酵素欠損による代謝異常の場合、魚臭い体臭。

「甲状腺機能亢進症」や「パーキンソン病」は皮脂腺が活発になり独特の体臭。「便秘」は、便の腐敗臭など。

ふだんの汗や体臭のケアーをしていても、少し違和感のある体臭を感じたり、ひとから指摘される場合は、ワキガなどだけでなく、このような病気の可能性もあるかもしれません。

関連記事その体臭大丈夫?知っておきたい病気の可能性!

病気の可能性があるということで、油断はできませんが、ほとんどの場合は食事や生活リズムの乱れなどによりホルモンバランスが崩れることで発生する体臭であることが多いでしょう。

睡眠不足なども影響してきますが、現代人に多い体臭の原因は食生活が大半だと言えます。

欧米の食事なども手軽にとれるようになったことで、動物性脂肪などの脂っこいものを食べる傾向が増えてきました。これにより、体臭が気になる場合が多いと思います。

そんな時は、ブレスケアなどの口臭対策サプリも効果があり良いですが、日頃から体臭対策のサプリメントを取り入れてみるのはいかがでしょうか。

即効性はありませんが、続けることによって長期的に持続してくれる効果も期待できるようです。

現在では、安価な物も多くありますが、成分表示などは特に注目して、植物由来の成分が多いものを選ぶようにしましょう。

関連記事体臭サプリに関する記事はこちら
関連記事【体験レポート】体臭サプリ「臭ピタッ!」評価もいいので自分で使ってみた結果

まとめ

  • 体臭は、皮脂と汗に雑菌が加わることが原因で起こる
  • エクリン汗腺は水分の多いサラサラとした汗、アポクリン汗腺からの汗が臭いを発する汗
  • 女性よりも男性の方が体臭がきつくなる傾向がある

 

  • 関連するキーワード