ワキガの自覚率11.3%という衝撃!気づいていない人への伝え方とは

2015年12月01日更新

ワキ臭・ワキガ

ニオイペディア編集部

  • fb
  • line

ワキガと汗臭さは違います。ワキガはすっぱいような苦いような鼻をさす強烈なにおいですが、これはアポクリン汗腺の活発な働きによって起こっています。
アポクリン汗腺は誰しもが持っている汗腺ですが、ワキガの人は活発に活動してしまい、それが臭いの原因となっているのです。
市販されている消臭スプレーなどのデオドラント商品では効果が期待できません。脇汗の臭さとは症状が異なるからです。
ワキガは早めの受診が必要なのです。しかし強烈な臭いを発していても本人は自覚していないケースがほとんどです。自分の臭いというのは慣れてしまっていて気が付きにくいのです。
けれど、その臭いはまわりに迷惑をかけていることがほとんどですので上手に相手に伝えてあげることが必要ですね。ではどのように指摘するといいのでしょうか。

他人のワキガを指摘したことがある人は少数

全国の男女2,000人への調査では、他人にワキガの指摘をしたことがある人は全体の6.8%。なかなか伝えらえないのが現状のようです。

ワキガの自覚率ってどれくらいなの?

ワキのにおいを嗅ぐ女性画像
全体の1割の人が自分がワキガだということに気が付いているようです。特にその割合として20代女性の自覚率が高いです。

ワキガの原因であるアポクリン汗腺は第二次性徴とともに発達するため、若い世代はより臭いを感じやすいと考えられます。特に、女性は脳の構造が臭いに敏感な作りになっているため、そのような結果になったのでしょう。

しかし自覚率はやはり低いですね。ではどのように相手に伝えると良いのでしょうか。

関連記事女性はワキガになりやすい?それ、脳が関係しているかも?

ワキガを指摘する方法

脇汗イメージ画像

1. デオドラント商品などをプレゼントする

いきなり、あなたはワキガです。とは伝えにくいですよね。
そこで、まずは言葉で伝える以外の方法を考えてみましょう。消臭グッズを手渡すことで、本人に気が付いてもらえるようにするケースです。

実は私の上司は口臭が強く、なんとかならないかと考えガムを手渡したことがあります。「臭いが軽減するガムなのでよかったら使ってみてください」と一言添えて。それ以来、本人も気を遣うようになってくれ、いくらか以前よりは改善されました。

ガムに限らず、消臭サプリメントをこっそり渡してみるのもよいかもしれませんね。

関連記事口臭対策のカギは唾液?ガムの効果とオススメな種類
関連記事体臭サプリに関する記事はこちら

2. 勇気を出して直接伝える

デオドラント商品を渡す方法では、本人に気づいてもらえなかったという人もいるでしょう。やはり、直接はっきり伝えるのがいちばんです。

精神的なダメージはどうしてもつきものだと思いますが、少しでも軽くなるよう配慮が必要です。
例えば、2人きりの空間で、体調を気遣うような質問をしてワンクッション入れてから事実を伝えると良いでしょう。

しかし、臭いが強いなどの言い方では、ワキガ対策ができない可能性がありますので、ワキガかもしれないという事実はオブラートに隠さずしっかり伝えてあげましょう。

臭いのケアは、社会人としてのルールです。スメルハラスメントという言葉もできたくらいですから、社会問題にもなりつつありますね。

愛情をもって本人に伝えてあげることで結果的には本人のためになります。事実、私も上司の口臭が原因で仕事がはかどらないこともありましたが、事実を伝えた時本人には感謝されました。

関連記事【体験レポート】体臭サプリ「臭ピタッ!」評価もいいので自分で使ってみた結果
関連記事職場でのスメハラ注意!加齢臭と体臭の違いと80%の人を救う対策法

まとめ

  • 全国の男女2,000人への調査では、他人にワキガの指摘をしたことがある人は全体の6.8%。
  • 全体の1割の人が自分がワキガだということに気が付いている。
  • 消臭グッズ、消臭サプリメントをこっそり渡してみるのもよいかもしれない。

 

  • 関連するキーワード