便秘が続いている人は切れ痔の臭いにも要注意!臭くなる原因はコレ!

痔 臭い

2017年05月18日更新

おなら・便臭

ニオイペディア編集部

  • fb
  • line

便秘が続いていると重なって問題になりやすいのが切れ痔やいぼ痔などです。
実はこの痔が臭さの原因になるというのをご存知でしょうか。
今回は痔と臭さの関係性をご紹介します。

切れ痔・いぼ痔の臭いの原因

痔の臭いは非常に強烈で明らかに臭いと感じる人が大半だと思いますが、そもそも何故痔になると臭くなるのかご存知ですか。

これは痔に限った話ではありませんが、体臭がキツイと感じる時は大体細菌が原因となっています。汗が臭く感じるのも汗が原因ではなく、汗によって水分を得て細菌が繁殖するからです。痔も同じように細菌を繁殖させやすい環境を作ってしまうために臭うのです。

まずそもそも肛門周りには毛も多いため湿気が溜まりやすい場所になっています。根本的に菌が繁殖しやすい環境なのに、痔によって血や浸出液が出るとさらに細菌が増えやすくなるという事です。

ただでさえ血の臭いと言うのは特徴的で臭いやすいですが、痔による臭さは細菌の臭いも重なるからこそ余計に臭く感じるのです。汗っかきの人はさらに臭さの原因を増やす事になるので注意しましょう。

関連記事便の色が黒っぽくなったら要注意!

痔の時の臭いの対策法

痔によって感じる臭さは細菌が原因とお話しました。では具体的にどう対処すればいいかをご説明します。

まず1つ目はとにかく痔を治す事です。根本的に治すとなれば肛門科など病院にいって治療を受ける必要がありますが、仕事で忙しくて時間が取れなかったり、肛門を見せるのが恥ずかしくて病院に行きたくないという人もいるかと思います。そういう方はとにかく痔を悪化させないようにしましょう。

切れ痔にしろいぼ痔にしろ、これらが悪化する原因は便秘の時に力んで皮膚が切れるか、トイレットペーパーの摩擦で切れるかのどちらになります。なので便秘の方は食物繊維多めの食生活にして便秘を治しましょう。

それからトイレでは必ずウォッシュレットを利用して便を拭き取るようにしましょう。注意点としてトイレットペーパーで拭き取るようにせず、押し付ける形で水分を取り除きましょう。肛門の皮膚は思っている以上に刺激に弱いので、ゴシゴシと力強く拭き取るのだけは止めましょう。

痔の臭いを治すなら当然ですが痔を根本的に治すのが基本です。しかし肛門周りの皮膚は非常にデリケートなので、1度痔になった人はそもそも普段の生活習慣に問題があるか、トイレでの拭き取り方に問題があるかで再発しやすい人もいます。

病院に行って治してもらえばそれで完璧と思わず、食生活とトイレットペーパーの使い方もここでしっかりと改善しておきましょう。

体から臭いがしているのは間違い?!臭っているのは…

先ほど痔の臭いに限らず体臭がキツイと感じるのは汗が原因であるとお話しましたよね。汗は無臭だけど汗の水分によって細菌が繁殖して、その匂いがきつく感じるのですが、実は汗以外にもう1つ原因が存在します。それは衣服です。

汗というのは実は液体として存在する事はほとんどなく、空気中に触れていればすぐに気化して空気中に溶けていきます。しかし皆さんは普段必ず服を着ていますね。下着に限らず皮膚と接触している服は汗を吸い取ってしまいます。この汗を吸い取った衣服の中で細菌が繁殖して臭いを生み出す事になるのです。

体臭がキツイと思っている方は実はそれは間違いで、汗を吸い取った衣服が臭っているのです。
実際に全裸で全身に何も着ていない状態で過ごすと分かりますが、体臭は実はそんなに感じられません。体臭と呼ばれる物は基本的に汗を吸い取った衣服から発生している物なのです。

なので痔の臭いも下着に痔による血や排出液が付いた事によって臭う事が多いです。少し臭いと思ってトイレで丁寧に肛門周りを拭き取ったとしても臭いの原因は消し去れないという事になります。だからこそ下着に臭いが付かないようにウォッシュレットなどで綺麗に拭き取る事は重要になってくるのです。

臭さの原因は体にあってもその臭いの元は衣服にある事が多いので、衣服から変な臭いが出ないように細心の注意を払うようにしましょう。

関連記事本格的にニオイ対策をしたい人のための体臭サプリの選び方

まとめ

  • 体臭がキツイと感じる時は大体細菌が原因で、細菌を繁殖させやすい環境を作ってしまうために臭う。
  • 便秘の方は食物繊維多めの食生活にして便秘を治し、トイレでは必ずウォッシュレットを利用してトイレットペーパーで拭き取るようにせず、押し付ける形で水分を取り除く。
  • 痔の臭いも下着に痔による血や排出液が付いた事によって臭う事が多いので、気になる場合は衣類をこまめに取り換える。

 

  • 関連するキーワード