頭皮の臭い対策はシャンプーの仕方から見直すべき!髪の汚れは寝る前にリセット!

頭皮から臭いがしてしまうのは、男性だけでなく女性も例外ではありません。 では、どのような対策をすれば良いのかと考えたときの解決法の1つとしてシャンプーの仕方を見直すというものがあります。

シャンプーする女性画像

2018年01月18日更新

頭皮・髪の臭い

ニオイペディア編集部

  • fb
  • line

頭皮の臭い対策はシャンプーから見直して

シャンプー中
頭皮の臭いはどのような原因で起こってしまうのか、その理由の1つにシャンプーの仕方が上手くできていないことによって起こるものがあります。

シャンプーをするという行為以外にもシャンプー前やシャンプー後の仕方について見直しをしなければなりません。ではどのような方法について見直しをしていかなくてはならないのかを細かくみていきたいと思います。

シャンプー前のブラッシング

シャンプーをする前というのはホコリやフケなどの汚れが髪に付着しています。その状態でシャンプーをしてしまうと十分に汚れを取り除きにくくなってしまうということもあるため、シャンプー前にブラッシングを一度行って髪に付着した汚れを取り除いてあげましょう。

あらかじめ髪についた汚れを取り除くことができれば、汚れを十分に取り切れていないことによる頭皮の臭いを抑えることができます。

関連記事女性の頭皮は臭い!?対策はシャンプーの仕方と乾燥にあり!

シャンプーは優しくていねいに

シャンプーをする際に爪を立ててゴシゴシと洗う人も少なくありませんが、これは頭皮に傷をつけてしまう可能性があるため注意が必要です。

その傷やダメージを受けた部分から雑菌が繁殖して炎症を起こしてしまうと、頭皮の臭いだけでなく抜け毛にまで発展する可能性があります。シャンプーをする場合は指の腹を使って優しく丁寧にマッサージをする要領で洗ってあげてください。

普段から爪を立てて洗っていた場合、指の腹で優しく洗うことに切り替えた当初は少し物足りなく感じてしまうかもしれませんが、そこは我慢して頭皮の臭いと抜け毛予防、髪の健康を保つために洗い方を変えていきましょう。

また、洗浄力の強いシャンプーというのも必要以上の皮脂を取り除いてしまうのでおすすめできません。頭皮の皮脂を取り除きすぎてしまうと頭皮が乾燥してしまい、乾燥から身を守るために皮脂を過剰に分泌してしまうという悪循環を生んでしまいます。

この悪循環から脱出するためには洗浄力の強いシャンプーではなくアミノ酸系シャンプーのような頭皮に優しいシャンプーを使っていきましょう。

関連記事頭皮の加齢臭は洗い方やシャンプー次第で改善できる!選び方に注意!

生乾きで放置せずにタオルとドライヤーでドライ

シャンプーで洗った後の髪の毛は放置していてもいずれ乾きますが、生乾きの状態で放置している時間が長ければ長いほど頭皮の菌は繁殖しやすく、臭いの元になってしまうことがあります。生乾きで放置をすることはせずに、髪の毛を洗ったらまずはタオルで髪の毛を挟むようにして水分を拭き取り、その後にドライヤーをかけるようにしましょう。

実は意外に重要なのはタオルで水分を拭き取るということなのです。タオルで水分を拭き取らずにすぐにドライヤーをかけてしまうと、よりドライヤーをあてる時間が長くなってしまい髪の毛を傷めてしまいます。

髪の毛を傷めずに乾かすためにはドライヤーの前のタオルドライをしっかりと行いましょう。

関連記事女性に多い「ダブルヘッド臭」ってどんな臭い?頭皮環境の改善法は?

頭皮や髪の汚れは寝る前にリセット

シャンプー中
仕事へ行く前、あるいは学校へ行く前に整髪料をつけていく人も多いかと思いますが、整髪料をつけたまま、あるいはその日の内に洗髪をせずに寝てしまう方は注意が必要です。1日生活をしている中でどうしてもホコリやフケ、皮脂が付着してしまいます。その状態のまま過ごしている時間が長くなればなるほど頭皮の雑菌が繁殖しやすく臭いの元になるのです。

就寝時間というのは枕と頭部の間で蒸れやすいため、より清潔な状態で就寝しなくては朝になったときにすでに頭皮から臭いがしてしまうということも起こってしまいます。頭皮や髪の汚れは必ず就寝前に洗髪をし、整髪料もしっかりと洗い落とすようにしていきましょう。

生活面での頭皮の臭い対策

生活面で頭皮の臭い対策をすることができますので以下に簡単にまとめてみました。

  • 肉類や脂の多い料理を摂りすぎない
  • 枕やシーツをこまめに変える
  • 自分の肌質に合わせたシャンプー選び
  • 丁寧なシャンプー法を身につける

今回紹介した頭皮の臭い対策にも色々な対策がありますので、自分の頭皮の臭いの原因を突き止めて、それに見合った対策法を実行して臭いを抑えられるような生活を心がけていきましょう。

関連記事もしかして臭いのは自分?!自分の体臭を客観的に確認する方法

まとめ

  • シャンプーの前に、髪についたホコリなどの汚れをブラッシングで落としてから洗うと汚れが落ちやすい。
  • シャンプーの際には爪を立てず、指の腹を使って優しくマッサージするように洗う。
  • 髪を洗った後はしっかりタオルドライし、生乾きのまま放置しない。
  • 就寝前に髪を洗い、一日の汚れをしっかりと落としてから就寝しましょう。
  • 関連するキーワード