ミドル脂臭予防にはクエン酸が効く!効果的な対策3つ

2017年02月28日更新

加齢臭

ニオイペディア編集部

  • fb
  • line

30代40代の働き盛り特有の悩みに「ミドル脂臭」とよばれる脂臭いニオイがあります。
このミドル脂臭はジアセチルとよばれる成分が原因ですが、主に後頭部周辺からニオイを発します。
自分では気づきにくいニオイのためどうにか抑えたいあなたにミドル脂臭の予防方法を紹介したいと思います。

ミドル脂臭は予防できる?

ミドル脂臭の原因であるジアセチルは汗腺から分泌される乳酸が原因です。
乳酸というとよくイメージされるのは、運動後の疲労物質として溜まる物といった印象だと思います。

この乳酸は血中酸素濃度が少なくなった時に体内で乳酸を発生させるサイクルが整っていますが、普段運動をしていない人でも体内の血行不良や代謝が悪くなっている方だと、乳酸が余分に分泌されることがあります。

ミドル脂臭 予防
働き盛りの30代や40代にこのミドル脂臭が多いのはこの上記2つにあてはまるからではないでしょうか。

そしてこのミドル脂臭の原因である乳酸の分泌を抑えることができれば皮膚常在菌であるブドウ球菌に分解されてジアセチルにならないためミドル脂臭の予防となる事が理解できるかと思います。

関連記事30代、枕の染み・ニオイは大丈夫?ミドル脂臭セルフチェック

食事からミドル脂臭を予防する

梅干し画像

クエン酸

クエン酸を摂取すると体内の乳酸を分解し、分泌を抑えることが知られていますが頭部周辺の乳酸分泌を抑えるのにも同様に有効です。

クエン酸は主にお酢、レモン、パイナップル、グレープフルーツ、梅干しといった酸っぱいものに多く含まれているので、酸っぱいものが苦手な方ははちみつ等の甘いものにつけたり、サプリメントとして販売もしているのでそちらから上手く摂取するのが良いでしょう。

関連記事体臭対策おすすめサプリ3選

ビタミンB群

ビタミンB群は体内で作られる事が出来ないため必ず体外から摂取する必要があります。このビタミンB群の主な役割は、脂肪やタンパク質、炭水化物の代謝の手助けと、エネルギー全般の供給を行います。

そのためビタミンB群が不足してしまうとミドル脂臭だけでなく効率よくエネルギー代謝が行われないために疲れやすくなってしまいます。

ビタミンB群といえどビタミンBには数多く種類が存在します。その中でもミドル脂臭の予防に役立つのはビタミンB1です。

ビタミンB1が多く含まれる食品は豚肉です。その他にも玄米などの穀類や大豆、うなぎなどにもビタミンB1は豊富に含まれています。

ただ一点だけ注意していただきたいのが、ビタミンB1が良いからとビタミンB1ばかりを摂りすぎていても効率が悪いので、全ての栄養素をバランス良く摂れるように調整してください。

関連記事ミドル脂臭は食べ物しだいで悪化もすれば改善も!臭い予防のコツ

ミドル脂臭の予防には適度な運動が大事

ミドル脂臭 予防
血行不良が原因で乳酸分泌が促進してしまうという事を話しましたが、血行不良の改善はやはり適度な運動が大事です。適度な運動をすることで全身の血の巡りが良くなるだけでなく、疲労物質の乳酸分解を促進する作用もあるので疲れにくい身体を作るというのはニオイを抑えることにも繋がるのです。

しかし、あまりに追い込みすぎた過度な運動は自身の身体にとっても良くないですし、かえって乳酸を多く分泌してしまうことに繋がりますので、運動する場合はご自身が楽に続けられるペースで行って下さい。

シャンプー

ミドル脂臭 予防
ミドル脂臭が厄介だと言われているのは、皮膚常在菌が分泌された皮脂を分解した時に発生する中鎖脂肪酸とジアセチルが混ざってしまうからです。

混ざってしまったジアセチルと中鎖脂肪酸は皮脂の中に蓄積してしまうので、取り除こうとした時にはシャンプーでしっかりと洗い落とさないとそのまま残ってしまうのです。なのでシャワーを浴びる時はシャンプーを使ってしっかりと頭皮を揉むようにして洗って下さい。

ここでも一つ注意なのですが、洗い落とす事を重点的に考えてしまうと洗浄力の強いシャンプーを選べばいいと思われがちですが、洗浄力の強いシャンプーは頭皮にダメージと乾燥を与えるのでニオイを抑えられるかもしれませんが、髪の毛にとって良くないので頭皮に優しいシャンプーでしっかりと揉み込んで洗い落とす、そういうイメージで洗うようにして下さい。

ニオイというのは良い悪いでその人の印象をガラッと変えてしまうほど重要なものです。30代にさしかかると部下にも上司にも信頼されてくる年代だと思いますので、ニオイで信用を落とさないよう普段からミドル脂臭を予防していきましょう。

関連記事ミドル脂臭対策に効果のあるおすすめシャンプー3選

まとめ

  • ミドル脂臭の原因である乳酸の分泌を抑えることができれば皮膚常在菌であるブドウ球菌に分解されてジアセチルにならないためミドル脂臭の予防となる。
  • 頭部周辺の乳酸分泌を抑えるのにもクエン酸が有効で、ビタミンB群は体内で作られる事が出来ないため必ず体外から摂取する必要がある。
  • 疲れにくい身体を作るというのはニオイを抑えることにも繋がるため、適度な運動は必要。

 

  • 関連するキーワード