白い舌は口臭の元!舌苔の除去ってどうやるの?

舌苔

起床後、鏡の前で舌を出してみると白っぽい苔のようなものが付着している、というのは誰しもが経験していると思います。

「舌苔(ぜったい)」と呼ばれるそれは無害なものですが、放置すると口臭を発生させる場合があります。

そうならないためにもこまめなケアが必要なんです。

舌苔とは

舌苔とは舌の表面に白色や黄褐色の苔のようなものができる症状のことです。舌を出すと白くなっている部分ってありますよね。舌苔ができる原因はいまだに解明できない点もあるようですが、口内の細菌や消化器系などの働きが影響するといわれています。

胃炎 口臭

舌苔自体は治療が必要になる症状ではありませんので、気になる時は舌ブラシを使って取り除きましょう。しかし舌苔は口臭の原因になる場合がありますので、気になる時は舌苔を綺麗にするか、口内環境を整えるなど、口臭対策が必要になります。

舌苔は歯周病の原因になる可能性もありますので、舌に多く付着しないように注意することが必要です。

舌苔は誰にでもあるもの。多少の違いはありますが、決して病的なものではありませんので、口臭などが気にならい場合は無理に取り除く必要はありません。口内環境が整えっていれば舌苔は特別なケアをしなくても大丈夫です。

見た目が気になるからと言ってごしごし舌をこするとダメージを与える原因になりますのでご注意くださいね。

舌苔ができる原因

舌苔ができる原因は色々ありますが、はっきりした理由がわかっていないことも特徴の一つ。主に考えられるのが唾液の分泌量が減る事や風邪などをひいて免疫力が低下することなどが原因と考えられています。

また睡眠不足や加齢、喫煙、ストレス、歯磨きの方法などによっても舌苔が付きやすくなると考えられていますので、日頃の生活習慣で注意できる点はいくつもあるのです。

舌苔は体調が悪い人だけでなく、健康な方にも表れるもの。舌苔の色や量の変化は体調異変を知らせるサインでもあります。通常の舌苔の量であれば、口臭になることはありませんが、厚く付着すると舌の表面に違和感を感じたり、味覚異常などの症状がおこる場合もあります。そのような状態になると口臭が発生します。

いつもとは違う色の舌苔がついている時は、口臭になる可能性もありますので、その場合には舌苔を除去するケアが必要になります。

舌ブラシによる舌苔の取り方

舌ブラシを使って舌苔をとる方法ですが、まず注意したいのは力を入れてごしごし擦らないこと。

まず鏡の前で舌をできるだけ出しましょう。白い部分をまずは確認して、舌ブラシを水で濡らした後、舌の奥から手前に引いてください。舌の奥まで刺激すると嘔吐反射が出る場合もありますので、それを防ぐには息を数秒間止めるのがコツ。

舌苔

舌ブラシを綺麗に洗浄しながら、ブラシに苔がつかなくまるでブラッシングを繰り返しましょう。舌ブラシを使って擦るのは起床時の1回だけで十分。それ以上ブラッシングをすると舌の粘膜が傷ついてしまいます。

また舌に傷がある場合は舌ブラシの使用を控え、治るまで刺激を与えないようにしましょう。舌ブラシは各メーカーから色々な商品が販売されていますが、ブラシが柔らかいタイプがオススメ。特殊ナイロンを使用した舌ブラシなども人気がありますので、使いやすいタイプを選んでくださいね。

舌苔ができやすい舌の変化

舌苔のケアのためには、まず苔が付きやすい状態を理解しておきましょう。

溝状舌(こうじょうぜつ)と呼ばれる舌は表面に深い切込みが多い状態で、食べかすなどが溜まりやすいことが特徴です。痛みや味覚症状を起こす場合もありますので、洗口剤を使用した消炎が必要です。先天的な異常が原因ですが、医療機関での治療は必要ありません。

そしてもう一つが黒毛舌(こくもうぜつ)と呼ばれるもの。舌の角質層が硬く伸びた状態で、黒い毛のように見える点が特徴です。カンジダ菌が増え硫黄化合物が作られ、血中のヘモグロビンと結合することで黒く見えるといわれています。

カンジダ菌は抗菌剤などを長期間使用していると、口内の細菌のバランスが変化して増えるといわれています。

まとめ

  • 舌苔は誰にでもあるもので病的なものではない
  • 舌苔は歯周病の元になるのでこまめにケアすること
  • 舌苔のケアは朝に一回、強く擦らないように除去する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*